福井のオフィス移転、オフィス家具のことなら、福井オフィス・ラボにお任せください。

ホーム > オフィスづくりブログ > 施工日誌

プロジェクター配線の昨今

2021年03月13日
【施工日誌】

こんにちは。福井オフィス・ラボです。

2回に分けて、液晶プロジェクターの昨今と、スクリーンの昨今について記事を書かせていただきました。

最終回は、プロジェクターの配線についてです。

 

プロジェクターの配線の種類ですが

1.VGA接続

 

2.HDMI接続

 

3.USB接続

 

4.LAN接続(無線LANも)

 

が主な接続方法となります。

1のVGA接続は、アナログRGBケーブル(ミニD-sub15ピン)で接続します。現在の主流の接続方法です。

 

2のHDMI接続は、現在主流になってきた接続方法です。 映像と音声を1本のケーブルで伝送しますので、配線が1つで済む、最近の薄型ノートなどHDMIのみ搭載も増えてきており必須にもなっております。

 

3のUSB接続は、ノート側にドライバのインストールが必要となります。専用のアプリを使った投影などができますがドライバが提供されることが前提となり主流ではありません。

 

4のLAN接続、無線LAN接続は、社内LANに入れる方法とプロジェクタの無線を利用する方法などがあります。いずれにしてもLANポートや無線アダプタを搭載してることが前提となります。ケーブルがない接続が魅力です。

 

前回ご紹介したプロジェクタ入替では、既存のVGAケーブルを残し新たにHDMIケーブルを新設しました。

また、書画カメラも入替していただき、HDMIケーブルでカメラの画像を映すことで鮮明な会議をしていただける環境になりました。

配線でお悩みの場合も、施工御者と連携しご満足できるセッティングをご提供致します。

3回シリーズでお届けしましたが、施工写真掲載がNGですので、わかりにくくイメージしにくいコメントでした。

お読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクタ―投影スクリーンの昨今

2021年03月10日
【商品案内】【施工日誌】

こんにちは。福井オフィス・ラボです。

前回の、液晶プロジェクターの入替2台、移設1台の合計3台施工した際に

スクリーンも大型化による入替をしました。

安価に施工できた事例をご紹介致します。

会議室に現在ついている100インチ(4:3)電動スクリーンですが

これを取りはずして、埋込ケース幅に収まるサイズの電動スクリーンを取付ました。

現在ついているタイプ(参考写真)

スクリーンと駆動モータを外し埋込ケースのみにします。

 

最近のタイプは、ケース付きの電動タイプですので

埋込ケースに中に簡単に取付ができます。

更に、もともと電動タイプですので、

モーターを外した電源にコンセントを取付れば電源も簡単に確保できます。

取り付けたのは、120インチ(4:3)の

マスクなし(全面白タイプ)です。

マスクなしが最近の主流で、マスクあり(四隅が黒に塗られているタイプ)

のようにきっちりと投影サイズを合わせる必要がなく、

将来の16:10のワイド投影などにも対応が可能です。

電動スクリーンの下限は調整ができますので、

全面白のスクリーンは4:3も16:10も高さを調整すればどちらでも使えるのが魅力です。

これで、会議室のスクリーンが100インチから120インチへアップし、

見た目も埋込型と変わらないすっきりと取付ができました。

福井オフィスラボでは、オフィスの悩みをいっしょに解決できるように日々勉強しております。

次回は、配線について記事を書きたいと思います。

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

プロジェクターの昨今

2021年03月08日
【施工日誌】

こんにちは。福井オフィス・ラボです。

今回は、プロジェクターの昨今についてです。

先日、液晶プロジェクターの入替2台、移設1台の合計3台施工してきました。

現在使用中の物は、天井吊り下げ式の6,000ルーメン以上の高性能プロジェクターですが

ランプ光源式をレーザー光源式に入替ていただきました。

ランプ光源式は、水銀ランプを採用しております。一般的に体育館の照明で点灯すると時間がかかり明るくなるあのランプと同類のものです。

メリットは安価で高輝度(明るい)ですが、デメリットとしてランプ寿命が2,000~3,000時間で照度が半分になり定期的な交換が必要となり、天吊り式ですと本体を取り外しての交換とランプ代・作業代もばかになりません。

今回採用頂いた、レーザー光源式は、水銀ランプより高輝度(明るい)で、点灯後明るくなるのに時間がかからない、使用時間が20,000時間と水銀ランプに比べ長く、定期的なランプ交換やメンテナンスが抑えられます。

今後この方式に切り替わるが期待される商品です。

現在のデメリットは価格が高めですが、最近はポータブル型(デスクに置くタイプ)もレーザー光源式が出てきております。

また、配線も従来のVGA配線にHDMI配線も追加して、デジタル化も取り入れてます。

配線については、次回スクリーン交換と一緒にご説明をしたいと思います。

 

 

オフィス改装中 完成です。

2021年03月04日
【施工日誌】

こんにちは。福井オフィス・ラボです。

今回は、昨年末より改装中の事務所様が完成しました。
2月20日のブログ「オフィス改装中」の続きです。

W1400とW1200を連結したユニットデスクを採用頂きました。

奥行きを通常D1400ですが、D1200のタイプにしております。(1名の奥行きD600)

ユニットデスクはフリーアドレスなどでよく使われておりますが、

今回はデスク中央の上からコンセントやLANケーブルやHUBを収納できる

配線ボックスにより、すっきりとした配線を重視しております。

 

また、片袖デスクを2台並べると使用中にずれてくるために、

ユニットデスクで2名並んで配置する方法を採用致しました。

 

次回は、2階スペースの改装を計画中です。

こちらは、既存のデスクを活用しつつ新規の什器を組みあわせる予定です。

 

 

 

 

65インチ液晶再取付とMEETUPも取付ました。

2021年02月26日
【商品案内】【施工日誌】

こんにちは。福井オフィスラボです。

前回65インチ液晶と壁掛けしたら、、、

液晶割れが、、、、

今回交換品が届き、無事に取付完了しました。

再入荷待ちの間に、ご注文いただいていたMEETUPも入荷!

こちらも取付ましたので、ご紹介致します。

MEETUPは前回のブログで「WEB会議で便利な機材」としてご紹介しましたが、

なかなか実機にお目にかかれない人気商品です。

壁かけしたMEETUPです、

デスクもちょうどこんな感じに映ってますね。

 

外してテーブルにも置いて使用できますので、

会議の人数などスタイルに合わせた配置も可能です。

接続方法は

MEETUPを付属の専用USBケーブルでパソコンに接続します。AC電源も別途必要です。

長めのケーブルが付いてますので、パソコンはテーブルまで十分伸びますので安心です。

こちらのリモコンで

音量、画像のズーム、

レンズを電動で上下、左右に動かせます。

操作説明で、実際にZOOM会議をしていただきましたが、

ハウリングも起きず、4から6名程度の会議でとても便利な商品ですね。

 

昨日も別件ですが、65インチTVを46インチTVと交換

46インチTVを別場所移設工事を致しました。

テレワーク推進による環境整備のお手伝い

機材選定などお任せください。

 

 

 

 

オフィス改装中

2021年02月20日
【施工日誌】

こんにちは。福井オフィス・ラボです。

今回は、昨年末より改装中の事務所様の什器をご紹介致します。

まずは、応接室
テーブルは2400×1050に6人掛けで配置しました。
天板はマコレ突板柾目 ダークブラウンウレタン塗装仕上げで部屋の内装にマッチしております。
椅子は、本革でしっとりとした車のレザーシートのような質感です。
テーブル脚のクロームメッキと椅子脚のポリッシュが高級感を演出してます。

 

次に、受付カウンター
立って接客できる部分と、座って商談できる部分の2か所をストレートに配置しております。
コロナ対策の飛沫防止パーテーションも次回ご提案したいと思います。

 

 

もう少しで完成です。

デスクの新設など施工でき次第ご紹介をしていきます。

 

WEB会議用の65インチ液晶を取付ましたが・・・

2021年02月06日
【施工日誌】

こんにちは。福井オフィス・ラボです。

今回は、社長室に65インチの大型液晶を壁掛けにして、WEB会議に対応した会議室作りの事例をご紹介致します。

コロナ禍の中、横浜支店の担当者とのやり取りを大きな画面でとのリクエストから、最近値ごろ感がある65インチ液晶をご採用頂きました。
カメラ、スピーカー、マイクは、ロジクールのMEET UPを取付予定です。
こちらは、現在入荷待ち状態で、取付作業などは後日お届け致します。

壁に金具を取り付けるための型紙を貼り、下地をうまく探して固定します。
今回重量もある液晶ですので、下地へ4か所、アンカー固定6か所の計10か所で
固定をしました。

順調に作業が終わり、いよいよ液晶を金具に引っ掛けましたが、、、

 

なんと、液晶中央上部に剥がれを発見!
裏返して作業でしたので取付まで気が付かずびっくり。
電源を入れてみると、見事に全面にひび割れと液晶部分も破損が、、、、

お客様に謝罪をし、すぐに交換依頼をメーカーに致しました。

 

箱はへこみや傷もなく、本体上部からの衝撃と推測されることより
工場で不良品が紛れてしまったかな!?と話してました。

お客様も液晶の割れを初めて見られ、自宅でお使いのテレビなども気を付けないといけないねと、少し話題に。

次回は、無事に取付のご報告と、MEETUPシステムのご紹介をしたいと思います。